悪性軟部腫瘍の症状や診断・治療について情報をお届けします。悪性軟部腫瘍情報サイト

ノバルティス ファーマ株式会社

悪性軟部腫瘍情報サイト > 悪性軟部腫瘍の治療について > 治療方法について

監修:がん研有明病院 副医院長、サルコーマセンター長 整形外科 松本 誠一 先生

悪性軟部腫瘍の治療について

治療方法について

治療の考え方

悪性軟部腫瘍の治療は、手術療法、放射線療法、化学療法を組み合わせて行います。病気の進行の度合いによって、手術療法の前後に化学療法や放射線療法を併用します。腫瘍のある部位の日常生活への影響や、病気の進行度や年齢、全身状態などを考えて、もっとも患者さんに適した治療方法を選びます。

悪性軟部腫瘍の治療の流れの例
悪性軟部腫瘍の治療の流れの例

ページトップへ

手術療法

手術療法は腫瘍を除去する最も有効な手段です。

手術の種類

手術の種類

広範切除術
:腫瘍を周囲の正常な組織で包み込み一塊として切除する手術です。
腫瘍辺縁切除術
:腫瘍の周囲にある肉眼的変色部分で腫瘍を切除する手術です。局所再発の可能性の低い腫瘍の場合に行われます。
腫瘍内切除術
:腫瘍に切り込んで腫瘍を分割して切除する手術です。

ページトップへ

放射線療法

放射線療法

通常の手術療法や化学療法だけでは病変のある手足の温存が難しい場合、術前、術後あるいは術中に行います。また、年齢や全身状態、合併症などにより広範切除術を行うことが難しい場合にも行われます。体の外側から放射線を照射する場合(外部照射法)と、体の内側から集中的に放射線を照射する方法(密封小線源療法)があります。

ページトップへ

化学療法

悪性軟部腫瘍は化学療法が効きにくいとされているため、病巣を可能な限り切除することが原則です。しかし、腫瘍が大きくて手術だけでは安全に切除することが難しい場合や転移巣の治療が必要な場合には化学療法を行ないます。化学療法に用いられるお薬には、飲み薬や注射薬などの剤形があり、それぞれ特徴が異なります。これらのお薬をどのように組み合わせて、どれくらい投与するかという、治療のためのお薬のレシピのようなものをレジメンといいます。患者さんによって、適切なレジメンを選択して治療を行います。

抗がん剤の分類

  種類
細胞障害性
抗がん剤
アルキル化剤
抗がん抗生物質
植物アルカロイド
代謝拮抗剤
プラチナ製剤
分子標的薬

ページ上部へ

ノバルティス ファーマ株式会社