悪性軟部腫瘍の症状や診断・治療について情報をお届けします。悪性軟部腫瘍情報サイト

ノバルティス ファーマ株式会社

悪性軟部腫瘍情報サイト > 子宮にできる悪性軟部腫瘍-子宮肉腫の進行期分類

監修:がん研有明病院 副医院長、サルコーマセンター長 整形外科 松本 誠一 先生

子宮にできる悪性軟部腫瘍

子宮肉腫の進行期分類

子宮肉腫の進行期分類

進行期分類は患者さんの予後を予測し、治療方針を決定するために重要です。なお、子宮平滑筋肉腫と子宮内膜間質肉腫は同じ進行期分類を使用しています。癌肉腫は、その発生や病態が子宮体癌により近いため、子宮体部癌と同じ進行期分類を用います。

子宮平滑筋肉腫/子宮内膜間質肉腫の進行期分類1)

TNM分類 FIGO分類  
T1 I期 腫瘍が子宮に限局するもの
 T1a  IA期 腫瘍サイズが5cm以下のもの
 T1b  IB期 腫瘍サイズが5cmをこえるもの
T2 II期 腫瘍が骨盤腔に及ぶもの
 T2a  IIA期 付属器浸潤のあるもの
 T2b  IIB期 その他の骨盤内組織へ浸潤するもの
T3 III期 腫瘍が骨盤外に進展するもの
 T3a  IIIA期 1部位のもの
 T3b  IIIB期 2部位以上のもの
N1  IIIC期 骨盤リンパ節ならびに/あるいは傍大動脈リンパ節転移のあるもの
T4  IVA期 膀胱粘膜ならびに/あるいは直腸粘膜に浸潤のあるもの
M1  IVB期 遠隔転移のあるもの
TX   原発腫瘍が評価できないもの

癌肉腫の進行期分類(子宮体癌と同じ)1)

TNM分類 FIGO分類  
TX   原発腫瘍が評価できないもの
T0   原発腫瘍を認めないもの
Tis   上皮内癌
T1 I期 癌が子宮体部に限局するもの
 T1a  IA期 癌が子宮筋層1/2未満のもの
 T1b  IB期 癌が子宮筋層1/2以上のもの
T2 II期 子宮頸部間質浸潤のあるもの
T3ならびに/あるいはN1 III期 癌が子宮外に広がるが小骨盤腔をこえないもの、あるいは所属リンパ節転移のあるもの
 T3a  IIIA期 子宮漿膜ならびに/あるいは付属器を侵すもの
 T3b  IIIB期 膣ならびに/あるいは子宮傍組織へ広がるもの
N1  IIIC期 骨盤リンパ節転移 ならびに/あるいは傍大動脈リンパ節転移のあるもの
    IIIC1期 骨盤リンパ節転移のあるもの
    IIIC2期 傍大動脈リンパ節転移のあるもの
T4  IVA期 膀胱ならびに/あるいは腸粘膜に浸潤のあるもの(胞状浮腫のみでT4へは分類しない。生検で確認すべきである)
M1  IVB期 遠隔転移のあるもの

TNM分類についてはこちらもご覧ください。

1)日本産科婦人科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会 (編): 子宮体癌取扱い規約 第3版. 金原出版 (2012)

ページ上部へ

ノバルティス ファーマ株式会社